マジックショー、マジシャン派遣のドルフィンマジックカンパニー



所属パフォーマー

社団法人日本奇術協会正会員

ドルフィン(加藤 隆章)


photo 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7

ドルフィン(加藤 隆章)
1982年ダンスとイリュージョンを組み合わせた「ドルフィンマジックカンパニー」の名でデビュー。
同時に国立劇場演芸場主催の花形新人賞を受賞マジック界に旋風を起こす。
その後、少年隊ミュージカル「天使と悪魔の狂想曲」を監修、観客動員数延べ8万人を記録。
その成功により「MASK」「KING&JOKER」も手がける事となる。
95年には宮元亜門の要請にて熱帯祝祭劇「マウイ」を監修。
ファッションショー、ヘアーショー、様々な大型コンベンションにイリュージョンを導入する事で新しい形の集客方法を確立する。
マジックという効果を巧みに使い数多くの舞台、番組制作に携わり、その才能が高く評価される。
04プロフェッショナルマジシャン養成のため新宿区にマジック館を設立・落成する。
社団法人日本奇術協会理事に就任し、事務局長を務める傍ら、人材・若手育成に尽力する。
父に「プリンス東陽」弟に「加藤敬二」を持つ。

主な出演履歴
1960 マジシャン一家に生まれる。7歳の頃に両親が主宰するマジック団にて「マジックキッド」の名でデビュー。全国でショーを行なう。
1978 渚晴彦に入門。
1982 ドルフィンマジックカンパニーを結成。
新宿にスタジオを構え、日本で最初のダンシングイリュージョンを
プロデュース。
1988 国立演芸場主催花形新人賞・銀賞を受賞。
1994 少年隊ミュージカル「マスク」をはじめ、ファッションショー・ヘアーショーに
イリュージョンを導入。
1993 結成12周年を記念し、オリジナルミュージカル「たかが人生されど人生」
を公演。
1997 あらゆるアミューズメント施設に対応出来る「グロリアスパレード」を発表。
2000 ミレニアム記念「マジックパラダイス」「メガイリュージョン」「スペース
イリュージョン」の3作品をプロデュース。
2001 国立演芸場にて「ドリームイリュージョン」をプロデュース。
2003 (社)日本奇術協会主催「ベストマジシャンズフェスティバル」に選出。
2005 新宿区北新宿に、プロマジシャン育成を目的とした「マジック館」を落成。
2006 (社)日本奇術協会主催「ベストマジシャンズフェスティバル」に選出。
(社)日本奇術協会理事に就任。
2007 (社)日本奇術協会事務局長に就任
2008 ・『Japan magic convention 2008』MOMコンピレーション出演トリを努める
・ Hack-Eye 八戒 不良中年のための教養Magazin取材掲載協力
・ TBSテレビ7/22(火)放送 『ザ・ドリームマッチ’08真夏の若手芸人祭り』マジック指導
2009年 ・松本人志監督・主演映画『しんぼる』
・藤原竜也主演映画『カイジ』
・大塚製薬オロナミンC CM『マジック編』 等のマジック指導及び制作協力を手掛ける。
2010年 ・『風味堂』渡和久ソロアルバム《東京ブルー》「生まれたての氣分で踊るのさ」PV制作協力。
・『相棒SEAON8』13話にてマジック指導・制作協力
2011年 ・国立劇場演芸場「大演芸まつり ザ・マジック」にてトリ務め好評を博す。
・BeeTV『パーティーは終わった』制作協力
・飛騨・世界生活文化センター『飛騨・童話会議Ⅱ AGAIN!』にてマジック指導
2012年 ・『おはスタちょいレア社会科見学』出演
・東京都現代美術館にて靉嘔の回顧展『七つの丘スコア』マジシャン役にて出演
・飛騨・世界生活文化センター芸術堂『ザ・ベストテン』にて出演
・フジテレビドラマ『ハングリー』制作協力
2013年 ・『TBS さんまのからくりテレビ』制作協力
・文化庁「東北震災復興プロジェクト」の一環により、復興支援公演「伝手品」を上演し、好評を博している。
2014年 ・テレビ朝日番組『びっくり~む』制作協力
・HairBeautyEntertainment 2014 HOYO SPLASH制作協力
・TOKYO FM HALL 『Plan-B』カウントダウンライヴマジック指導
・映画『クローバー』出演
2015 ・公益社団法人日本奇術協会主宰公演[Magic of MAGIC Vol100]にてトリを務める
・KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~夢のアリーナ編~
 大阪 大阪城ホール:東京 日本武道館 マジック指導及び出演
新着情報

●加藤隆章(ドルフィン)掲載の記事・写真・イラストなどの無断転載を禁止します。
●著作権はDOLPHIN MAGIC COMPANYまたはその情報提供者に帰属します。

マジシャントップ

会社概要